美容にこだわる前に(基礎ケアを知る)

MENU

脱毛サロンの施術には光脱毛とニードル脱毛がある

むだ毛の自己処理にカミソリで剃っているとお肌にキズをつけてしまったり、刺激が強すぎて色素沈着を起こしてしまう事があります。
むだ毛を毛抜きで引っ張っていると毛穴が目立ってしまう事があり、自己処理では仕上がりの良さは期待できないです。
そんなときは脱毛サロンで施術を受けられると仕上がりきれいになるのが良いところです。

 

脱毛サロンの施術には大まかに分けて光脱毛とニードル脱毛の2種類があります。
光脱毛ではむだ毛の毛根細胞にある黒いメラニン色素に光を反応させ、熱を加えてダメージを与えています。
むだ毛の毛根細胞は熱を加えると熱変性を起こすたんぱく質で出来ています。
光でダメージを与えたあとのむだ毛は1週間から2週間ほどで自然に抜け落ちますので、カミソリや毛抜きを使った自己処理よりお肌にやさしいです。
むだ毛が抜け落ちたあとは、また生えてきますが以前より再生力が落ちているので細く短くなっています。
施術を受けるたびにむだ毛が目立たなくなっていきます。
光を照射すると熱と痛みがありますが、脱毛サロンによっては冷ましながら施術できる脱毛マシンを導入しているところもあります。
痛みがほとんどない上に、光を照射した後はしっかりクールダウンされますので熱や痛みが心配な方でも大丈夫です。
光は広範囲に照射できるので、広い部位を脱毛させる場合でも施術時間が短くて済みます。
お仕事や家事、育児など何かと忙しい方でも受けやすいのが光脱毛です。
しかし一度の施術ですべてのむだ毛を脱毛させることは出来ないです。
毛周期に合わせてご来店することが必要で、何度か通わないといけないです。

 

ニードル脱毛では毛穴にプローブと呼ばれる極細の電極をさして、微弱な電流を流し、むだ毛の毛根細胞に熱を加えてダメージを与えています。
光脱毛ではむだ毛が目立たなくなる程度まで処理できますが、永久減耗までは出来ないです。
しかしニードル脱毛では永久減耗が出来るので、むだ毛の自己処理から解放されるのが一番の違いです。
その代わりに光脱毛より痛みが強いです。電流を流すたびに痛みに耐えないといけないです。
毛穴一つ一つにプローブをさして処理しているので、光脱毛より施術時間が長くなります。
ですが光脱毛では苦手な産毛の処理や日焼けした黒いお肌の人でも施術が可能です。
光脱毛よりデザインの自由度が高いです。
光脱毛は脱毛マシンで光を照射できるので、それほどエステティシャンの技術力に左右されませんが、
ニードル脱毛ではエステティシャンの技術力に大きく左右されます。
技術力の足りないエステティシャンから施術を受けると、時間がかかったり痛みが強くなることがありますので、
きちんとエステティシャンの資格取得を奨励している脱毛サロンを選ばれたほうが良いです。

 

最近の脱毛サロンでは光脱毛のほうが主流で、ニードル脱毛を行う脱毛サロンが少なくなりました。
光脱毛とニードル脱毛の両方施術している脱毛サロンも中にはあります。
そういった脱毛サロンでは併用できるメニューもご用意されており、両方のメリットを享受することが出来ます。

キャンペーン中を狙おう

脱毛サロンというのは特にキャンペーンを利用していくことによってより安く施術を受けていくことが可能になります。たとえば全身脱毛をとても安く受けていくことができるサロンとしてエターナルラビリンスが有名だとおもいます。そしてエタラビでは通常、月額9500円から施術を受けていくことが可能になっています。しかしいまなら初月100円、というキャンペーンを行なっています。つまりエタラビの施術をどういったものなのか体験してみたい、というひとにはやはりいまが訪問すべきときだということができるでしょう。このように、オトクなキャンペーンを行なっているサロンは多いです。
たとえばミュゼプラチナムでも、いまなら美容脱毛完了コースが250円、というキャンペーンを行なっています。さらに友達と訪問すれば100円、という内容になっています。この美容脱毛完了コースは両わきとVラインのセットプランになっています。どちらも期間に制限がなく、自分の好きなだけ脱毛をしていくことができます。なにかと回数が要するとされるこれらの部位について、期間に制限なく好きなだけ、というのはそれだけでオトクな内容だということができますが、特にいま訪問すればよりお得に施術を受けていくことができるというわけです。
とくに人気のサロンというのは定期的にキャンペーンを行なっている傾向があります。ですから興味のあるサロンがあればホームページを覗いてキャンペーンの有無をチェックするとよいでしょう。